きっきのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS  #シモベ会肆 聖地巡礼バスツアー&お疲れさま会

<<   作成日時 : 2015/03/12 03:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久々に記事書きました。

閣下がずーーーーーっと前からやりたいと言っていた
「シモベとの遠足」。
約1ヶ月前についに実現しました。
で、やはり楽しかったので形にしました。

記憶違いが多々あると思いますが
当日参加されなかった方も
これを見て行った気になっていただけたらうれしいです。

(なお掲載されている写真は「ACTOLI LLC」を通して
ご本人から掲載許可をいただきました。
改めて感謝いたします。)

********************************************

2月1日10時にシアターサンモールに集合。
集まったシモベさん達は15人。
閣下は後の写真を見れば分かると思うけど
全身黒のコーディネートに
モスグリーン?のギターケースを背中に背負ってました。

集合したところで移動。
中華屋さん前の何かのロケの横を通って
新宿2丁目へ。

新宿2丁目といえば「bambino」。
bambinoのモデルになったお店前に到着です。
今はもうないのですが
「6階(or7階?)にお店があって〜」と話してました。
話した内容は…寒かったのでよく覚えてません。。。
とにかくこの日は寒かったのです。

2丁目を抜けてバスに乗車。

画像


しっかりツアータイトルが書かれておりました。
てっきりマイクロバスかと思っていたら
普通の観光バスが用意されてました。

閣下は運転席真後ろに座りマイクでアナウンス。
「本日はシモベ会バスツアーにご参加いただき誠にありがとうございます〜」
と女子バスガイド風のご挨拶。
このくだりはこの後バスに乗車するたびに続きました。

「伊藤の車窓から」のスタートです。

まずは日本青年館前を通過。
「BLEACH再炎」の地です。

ここでBLEACHについてのエピソード。
・BLEACHオーディションでは一護役を受けた
(かなり意外!!!)
・初舞台で、しかも舞台慣れしたメンバーが揃ってて
慣れない現場に人見知りが発動した

その次は青山劇場・青山円形劇場前を通過。
円形劇場で「abbey」が公演されました。
「この辺で「斜陽」の記者発表があったっけ?」と話しておりました

また閣下自身は青山劇場には立ってないけど
林氏が共演者の体調不良の都合で
一人で舞台上で歌っていた、という話もしてました。

閣下「何から話そうか〜」という事で
心霊写真部劇場版の撮影話に。

撮影初日にシャワーシーンがあって
伊藤陽佑、はじめての 前ばり の話。
どんな風にするかは知りませんが
準備がうまくいかないところに若い助監督さんたちがいきなり入ってきて
その後静かに去っていったそうです。

ちなみに追加シーンで「部長のシャワーシーン」の選択肢が出てきた経緯は
「佳夕の痙攣シーン」
「リリの痙攣シーン」
「美人刑事の痙攣シーン」
の残りの選択肢として
ニコ生の特番の放送の前に
「誰も選ばないだろう」的な軽いノリで作られたみたいです。
…痙攣部ファン、ぶちょおファンを侮る無かれ。

話しているうちに東京タワーを通過。

ここでは東京タワーで行われたイベントの話。
・スマボイベントの話
「イケメンで学校を作る」企画を持ち込んだ。
「一輝(松田さん)がアイドルプロデュースで俺はイケメンで、あれ?あれ??」
→車内爆笑(察してください)
・シネカラのイベント
シネカラの横大路さんはるろうに剣心のキャンペーンで全国を回っていた。
「LoveToRain」主演の森川葵ちゃんが最近活躍してるねー…など。

お台場(フジテレビ)が見えてきたところで
「踊る大捜査線」の話。
…だけど私はあまり詳しくないので分からなかったです。。。
♪LaLaLaLa Somebody Tonight とワンフレーズ歌ってました。
分かったのはそれだけ。

そのお台場で下車。
デカOPでおなじみ、夢の大橋を目指しました。

歩いていると遠くに「色の強い人たち」が、、、
近づくにつれて、どうも
「テニス」のレイヤーさんたちだと分かりました。
で、夢の大橋で記念写真を撮ろうかという事になり
カメラどうしようか?と話していた時に
行動力のあるシモベさんがレイヤーさんたちにお願いにはいって
記念撮影をする事ができました。

記念撮影の後は
閣下、デカOPの走りを再現。
でもあの颯爽と走る姿ではなく
一歩づつ、ぴょこぴょこと
コマ送りのように動いておりました。

画像


その後時間があるから、と
ヴィーナスフォート内を散策。

と、歩いているといきなり
噴水広場前でポーズをしたり、

画像


電飾の下で「HOWEVER」のポーズをしたりする閣下。

画像


そして始まる撮影会。
端から見たら「謎の集団」です。


それからも、教会広場を見て
「企画で使えないかな?」とロケハンモードになったり、
ヴィーナスフォートにあわないのっぺらとした
「中央階段」の表示に反応したり、
蠣食べ放題のお店ややボーリング場の前を「よう散歩」しました。
長身・細身の「黒づくめの男」についていくシモベたち。

ヴィーナスフォートを出てからは、
ダイバーシティのガンダム前で撮影会。

画像


私は上手く撮れなかったけど
他のシモベさんは
「閣下の手乗りガンダム」
「閣下の摘みガンダム」
「閣下の頭から生えたガンダム」
が撮れたそうです。

バスに乗ってお昼へ。
本当は「セレブ・ゲーム」にちなんで
月島のもんじゃ焼きにしようとしたけど
電話がつながらなくて、予約が取れなかったそうです。

着いた場所は、門前仲町の中華屋さん「樂樂」
「LoveToRain」の撮影場所だったところ。

畳部屋に通されて
円卓2つを囲んでのお昼でした。
出てきたのは大皿料理。
あんかけ焼きそば、チャーハン、餃子、シューマイ、上げワンタン、と
と続きました。
閣下はやたら「あんかけ焼きそばが旨い」と連発しておりました。

話は閣下の食べ物のこだわりの話へ。
・海鮮にはうるさい
東京の寿司屋ではえんがわしか食べない
北海道のウニは特別(飲み物?)
北海道でのデカのファイナルツアー時にメンバーに
とにかくウニ食えと食べさせた
(結果自分のはなくなっていた)
・激辛と激苦なもの以外は大丈夫

他はバレンタインのの話
・学生シモベさんから
「今は友チョコがメイン」との話を受けて
参加してた唯一のシモベ男子さんと
「昔はドキドキした」
「机の中こっそり確認して…」
「2月14日だけ髪型決めてくる」
と意見が一致www
そこに学生シモベさん、
「バレンタイン当日に髪型頑張っても意味ない
4月に本命決まってる」ととツッコまれる閣下www

その他、閣下のよく伝わらない食レポがあったり
はじめての円卓にはしゃぐシモベさんや
閣下の「伊藤家の顔は薄い、白い、目が細い…」の話を受けてなのか
畳に笑い転げるシモベさんがいたりと
まるで親戚の集まりのような宴が繰り広げられました。

食事後、バス移動。
閣下が「何しようかー」と言ったところに
運転手さんが「ギター弾かないんですか?」とひとこと。
ナイスパス♪
移動中のためシートベルトをして前を向きながらの
車内BGM風ギター生歌が始まりました。

セトリは

♪Let it go(サビだけ)
♪Everything(It's you)
♪天使の翼をあげよう
♪シモベ会のうた(仮)
♪WHITEBIRD FEATHERLESS
♪歌うたいのバラッド

*「シモベ会のうた(仮)」とは
去年の夏のシモベ会で
シモベが閣下に歌詞を投下して
閣下が作った即興ソングです。

以下歌詞です。

新規に優しく 古参に丸投げ
煎茶飲み放題 それがシモベ会
〈シモベ〉閣下!〈閣下〉シモベ! ×3
昼間の酒は旨いぞーーーーーー
〈シモベ〉でもホントは飲めない!
Going 強引 シモベ会
Going 暴飲 飲めない
Going 強引 シモベ会
家に着くまでがモベ会
〈シモベ〉ロジャー!
〜明日になったら二日酔い〜


(閣下動画UPしてくれればいいのにな…)

歌は久しぶりだったからか
探り探りな様子で歌ってました。
しっかり歌えたのは「天使」と「歌うたいのバラッド」
ぐらいだったかな。

バスは横浜方面へ。
ここで、横浜方面のシモベさんから「ここらへんで降りれれば帰れます」との言葉を受けて
閣下車内アナウンス風に「伊藤歯科医院はこちらでございます」とアナウンス。
車内爆笑。
「あれってどうでもいい情報載せるよねー」と付け加える。

これを受けたあたりから「ロケ地ボタン」と言う言葉が誕生しました。
ロケ地が近づくと「ピンポーン!ここロケ地です!」と
口で発動するシステムでした。

デカベースの屋上及び入り口のロケ地を
ロケ地ボタンを発動しながら通過して
横浜みなとみらいに到着。

最終回の戦闘シーンのホテル前の広場や、
「アクシデンタル・プレゼント」で
テツがスワンさんに扮して降りた階段を通り過ぎ
パシフィコ横浜横の海の見える広場へ。
「プロポーズ・パニック」でセンちゃんとマシューと対峙する場所です。

ここで閣下はマシューに向かって行った時の

画像


ねこばんち を披露。
(日陰で写真真っ暗。。。)

ちなみにマシューの銃弾受けるシーンの顔は
「銃弾を受けて絶えている顔」ではなく
「自分に装着された火薬のスイッチを自分で押した時の怖かった顔」だそうです。

おまけにウメコをぎゅっとするポーズ。

画像


さらに海沿いにより
閣下、何故か、なぜか、シモベ男子さんを誘ってやりだした

画像


「海の男」
 
何箇所かロケ地ボタンが押されながら
横浜をよう散歩。
やがて「運転手さんにお土産を買っていこう」という話になり
クイーンズスクエアをぶらぶら。
閣下を先頭にエスカレーターで移動するシモベたち。
だけどいいものが見つからず
結局はコンビニでバレンタインが近かったこともあり
チョコとお茶を購入してました。

ちょうどコンビニから出てきてレッドブルを飲んでいる閣下に
「翼を授ける?」と声をかけると
なぜかエヴァの使徒のポーズ。
背格好がエヴァに似ていると話してましたが
最初はどうしても使徒にしか見えなかったです。。。
(あとで過去のブログの記事見たら
エヴァに似ているという記事が確かにありました)

バスに乗車し
シモベさんが持ってきたデカレンソング集のCDをかけて
次の目的地へ。
スカシアの時はスワットモードの曲をよく聞いていた、とか
途中ロケ地ボタンが押されながら
マリーの歌や「私だけのぬくもり」で
「この曲なんだっけ?」とシモベに聞く閣下でした。

そうこうしているうちに
川崎の大師公園の中国庭園に到着。
「ツインカム・エンジェル」の「大銀河飯店」のロケ地です。

画像


「時間ないかもー」と言っていましたが
予想外に小さい場所だったことに閣下は驚いてました。
ここでも写真撮影会です。

画像


目線いただいてないし、光も入ってるけど
この写真は好きです。

画像


異国情緒が漂う中
まるで韓流スターのような撮影会でした。
(中国庭園なんだけど)

バスに帰りながらも犬の散歩が多く見られたこともあり
ペットの話題に。
・伊藤家では「死んじゃうとかわいそう」とのことで
ペットは飼わなかった
・犬派か猫派かといえば犬派

途中公園内をまわってから戻ろうか、と歩き出しそうになったけど
すぐに広いかも?ということでやめたり
自転車に乗ってるトイプードルに「かわいー」と気を取られて
バスへの道を間違ったりと徒歩での移動でもネタに欠きませんでした。

バスに乗車し移動。
新橋演舞場の近くを通った時に
「わらしべ夫婦双六旅」で共演した
中村勘三郎さんや余貴美子さんの事を語りだす閣下。
上手く書けないけど
余貴美子さんの仕事ぶりはとても勉強になった、みたいなことを話してました。

そして最後の目的地、
TOKYO DOME CITY、
昔で言う「後楽園遊園地」に到着。
聖地の中の聖地。
バスが長時間止められないということで
滞在時間短め(20〜30分ぐらい?)で足早に移動です。

まずは、当時はトッキュウジャーが戦っていた
Gーロッソへ。
ちょうどショーの最中であまり人は多くなかったです。
一行はすばやく移動して
歴代の戦隊のポスターの前で
当然デカのポスターの横で
当然デカグリーンのポーズで撮影会。

画像


その他「本日のトッキュウジャーショー当日券はございません」
の張り紙の横でごめんなさいポーズをしたり

画像


トッキュウ1号のポーズで
出発進行!と
「ヒーローの笑顔」をしたりで撮影会が続きました。

画像


Gーロッソをあとにして
スカイシアター跡地へ。

画像


「ちょうどこの辺で撮影してた」と
フローラの回の
「1たす1は、にっ!」を再現。

画像


「このあたりに控え室があって」と公演時の場所の配置を話したり
素面の夕方の7回公演の時は
暗かったからフラッシュの光がすごかった、とか
ショーが雨天で中止になった時の握手会は
大人・子供・子供・大人〜の流れで「スクワットデカレンジャー」だったと
スカシア当時のことを詳しく語る閣下。
そんな中シモベ男子さんがショーのパンフを持ってきたりして
閣下はパンフの存在を知らなかったらしく
驚いてるところもありました。

約30分ぐらいしたところでバスに移動。
近くを走っていただろうバスもきっかり到着しました。
運転手さんいい仕事してました。

ちょうど夕暮れになって
バス内のBGMはスワンさんの「Mother Univers」。
すごいぴったりでした。

もうすぐ解散ということで
BGMを「Railway To Happiness」に切り替えて歌の出来たエピソード。
Skoop On Somebodyの「Amanogawa」という曲をデモとして録ったら
その後曲が出来上がってきて
それに詞をつけた。
そうしたらあゆ美ちゃんや美香ちゃんも
「私もやるー」という流れになった、そうです。

バスは代々木駅に到着。
閣下は運転手さんと記念撮影して
ここでバスツアーは終了しました。
閣下空に光っていた星を見つけて
「あれがOneStarでございます〜」とシモベを案内をしながら
お疲れさま会へ移動しました。

お疲れさま会は
バスを降りてすぐ近くの「ROBO太」さんへ。
シモベ会といえばここ。
夕飯付きで
ハヤシライス+煎茶ハイor煎茶のセットをいただきました。

食べながらシモベさんが持参したデカのDVDで
「アクシデンタル・プレゼント」と
「プロポーズ・パニック」を鑑賞。
「アクシデンタル・プレゼント」のテツにツッコミを入れたり
「プロポーズ・パニック」のセンちゃんの「ねこばんち」
とてもいいシーンのはすなのに大爆笑が起こりました。

その後CDでデカのキャラソンを一通り聴いたあと
シモベ会からさかのぼって
前回のシモベ会BBQあたりまで
閣下の活動を振り返り。
iPhoneでスケジュールを確認する閣下。
心霊写真部劇場版撮影、撃弾ハンサム、bambino飲み会、「遥か」撮影など…
「ほとんど裏方だなー」と閣下。

話は心霊写真部の撮影で泊まった宿の話に。
部屋が無駄に広いくせにTVがめっちゃ小さかった
山奥なのに宿の前にホストクラブがあった
などの話が聞けました。

あとは伊藤家の家族旅行の話。
・名古屋に住むお婆様は
「bambino2」の時の観劇の事を今でも覚えていて
会う度にその話をしてくれる
・伊藤家4きょうだいで栄に繰り出したけど
何をやることもなく帰ってきた
・名鉄の乗り換えでひと騒動あった
・伊藤家全員で3時間ぐらいカラオケに行った
同じ声質なので誰が歌ってるかが分からない
お父様は洋楽を歌っていたとか

話してるうちに、そろそろお時間、ということで
再びギターで生歌でした。

♪その夜を抱きながら

一曲の予定だったけど
間違えたので、ということで
(間違えるのももう慣れました、、、)

♪終電車と赤い文字盤

画像


この日の「終電車」はなんかじんわりくるものがありました。

生歌が終わって20時頃一旦お開きになるものの
話は尽きず
心霊写真部劇場版に出演した子役さんの話や
「あくとり」へのシモベのご意見など深い話もあり
結局の解散は21時前。
閣下がシモベさんたちと握手や写真撮影などして
お見送りして長い1日は終了しました。

******************************************

本当に中身の濃い1日でした。
1日カメラスタッフさんをつけて映像とってもらって
ドキュメントにしてもらいたかった。
あるいは、私が某ヒーロー雑誌の記者だったら
記事にしたかった、ぐらいの出来事でした。

閣下や、当日ご一緒させていただいたシモベの皆さんに感謝です。
ありがとうございました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 #シモベ会肆 聖地巡礼バスツアー&お疲れさま会 きっきのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる